無料保険相談のメリット・デメリットとは?【サービス比較】

たくさんの人に利用されている保険無料相談。

専門的な知識を持った人に話を聞いてもらえるというのに、お金を払わなくて良いとは太っ腹ですよね。

気になったのでどういう仕組みになっているのか調べてみました。

ざっくりまとめると会社やFPさんにお金を支払う大本は保険会社で、それは契約成立時のみ手数料として発生するシステムとなっているようです。

ですので最終的に我々と直接お話をするFPさんは面談だけでなく契約まで至らないとお金にならないわけですが、そのチャンスはたくさん得られるので、利害関係が一致しているということですね。

タダで保険の相談にのってもらった際、本当なら受けるもやめるも自由にして良いのですが、いくつもの面倒な質問に快く答えてくれたりこちらに合わせた資料をたくさん用意してくれていたりすると、やめると言い出しにくく感じることもあるかもしれません。

お金のことですし、結論を出すのに時間がかかるのは当然のことでしょう。

例えばうまくいく断り方としては、はっきりと連絡はいらない旨を伝え、検討する意思を表すことでしょうか。

しつこい場合には専用サポートを利用するという方法もあります。

保険相談をするには来店タイプと訪問タイプとがありますが、訪問タイプでは面談するFPさんを選べないために、残念ながらうまくいかなかったという話も見聞きすることがあります。

例として挙げるなら、強引な勧誘に押し切られて意に沿わない契約をしてしまうなどです。

すぐに決めさせようとしてこちらが断りにくいようにしていくようなFPさんだとしたら、その後の対応も心配ですのでお任せするのは考えた方が良いかもしれません。

そんな失敗を避けるためには、自分でも勉強して家族などにも面談に参加してもらいましょう。

数年前まではいろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの勧誘では額が大きすぎて本体の金額よりもキャッシュバックされる額の方が大きいようなことすらありました。

同様に保険無料相談サービスでも商品券プレゼントをしていました。

最近、そういったキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

それもそのはず、総務省や金融庁の指導で高額キャッシュバックや高額なギフト券などをプレゼントするキャンペーンを禁止としたからです。

そのため、相談者特典の内容をお米や牛肉、タオルなどの景品プレゼントに変えているサービスもあります。

今の保険を契約した際にどういったものを参考にしましたか?ランキングサイトなどネットを参考にした人、職場に来た営業の人の勧めなどいろいろな方法で決めたと思います。

そうやって決めた結果、思っていたよりも月々の料金が負担になっている、実は保障内容を覚えていないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスで確認をしましょう。

当たり前のことですが加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

そのため、相談してみた結果、保障内容がほぼ同じ内容なのに月額が低く抑えられた、今の生活状況により合った内容を紹介してもらえたという話も多いです。

プロに自宅へ来てもらって保険の話をするとき心配なこととして、提案に納得できないときに断れるか?ということがあるでしょう。

普通の会社なら、強引な勧誘を禁止していたり、担当者の変更を聞いてくれたりするなどといったサポートダイヤルなどがあります。

また、初めての面談で即契約という流れにはほぼならないとのことなので、事前に相談したいだけなので勧誘の必要はないことをはっきり伝えてくぎを刺しておくのも良いかもしれません。

自分の実力に自信を持ったFPさんであればむしろ他の提案と比較してもらった方が良いので、大丈夫でしょう。

なぜ無料なのに続けられるのかわからないサービスがあります。

無料なのに続けられるのは何かカラクリがあるはずです。

例として、保険無料相談サービスの場合では各保険会社からの契約手数料が相談サービス会社の主な収益になっています。

つまり、FPに相談をして提案された保険を契約することによって保険会社から契約手数料が相談サービス会社に入るという形です。

そのため、相談者に変更してもらうことが重要になるので、生活状況を聞いて今の生活状況を考えて無理な保険を勧めることは契約の得やすい、相談者にとって本当に必要な保障の案内を行ってくれます。

相談・今の保障内容の確認自体は無料なので、活用してみてください。

貯金をしたいと考えて家計簿をつけてみたら貯金する余裕がなかったという方はどの部分から毎月の支出を減らしましょうか。

お子さんがいる場合は食費はなるべく減らしたくないですよね。

次に思いつく人が多いのは、毎月の携帯電話料金です。

電話の時間を減らしたり格安SIMに乗り換えるという方法です。

携帯料金を節約しても家計がギリギリなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを利用した人の感想を見ると現在の契約状況・保障内容を専門家が様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の担当者さんは説明がわかりやすく信頼できたそうなので皆さんも信頼できる方が担当者になるまで様々なサービスを利用するのも良さそうです。

評判の良し悪しを気にする職業と聞いて、どんな職業を思いつきますか?一般的に思いつくのは、芸能関係などの人気商売と言われる業界だと思います。

実は保険無料相談サービスもとても気にしているんです。

その理由としては無料相談サービスでは相談者が提案された保険を契約したときに保険会社から報酬が発生するからです。

しつこい勧誘を行うとSNSや口コミサイトなどで拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も登録しているFPの質を挙げたいので、電話1本などで担当者変更できるようにしたり対策をしています。

保険は家の次に高い買い物と言われているので、信頼できるFPからしっかりと説明を受けてから決めましょう。

世の中には保険の見直しを無料でしてくれるたくさんの会社があります。

ネットや電話でできる申し込みは簡単ですし、とてもプロとの話し合いがしやすい環境にあります。

しかしその前にまず、自分でもしっかり準備をしておきましょう。

今の保障内容はもちろんなのですが、どんな保障が自身のライフスタイルに合うと思うか、また逆にいらない保障はないか、金額はどれだけ出せるのか、家族構成等の将来的な生活変化の可能性など、FPさんとの話合を有意義な時間にするためにも調べておきましょう。

Tポイントやマイルなどのポイントが保険無料相談サービスの利用でもらえるキャンペーンを見かけます。

高額ポイントがもらえるサービスってあまり名前を知られていないものばかりで本当にポイントがもらえるかわからないですよね。

こう行ったキャンペーンの名上がれとしては、数回の面談を実施し、アンケートに答えるとプレゼントというパターンが多いです。

そのため、サービス側は最初の面談等で契約の見込みがないと判断されたらその後の面談をなかなかしてくれないなどポイント付与の条件未達の状態で放置される可能性があります。

そのため、ポイントが欲しいからという動機で申し込むのはやめましょう。

時折ネット上で見かける、「保険無料相談で牛肉プレゼント」という販促方法ですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

昔は保険相談をするのにお金を払って相談するのが主流でした。

時代が進むとともに有料で保険相談をしてもらう時代が終わり無料相談サービスが増えてきました。

保険は人生の中で家の次に高い買い物と言われ、保険会社としては宣伝のために商品券や牛肉などの景品のプレゼントを始めました。

そこで無料相談窓口が増えたためそこから金融庁から相談者特典で商品券を渡してはいけないという指針を策定しました。

保険見直しの機会を作ってもらいたいという考えから始まりました。

保険無料相談のCMを見ていると気になることがあります。

それは「有料」の保険相談もあるの?という疑問です。

結論から言うとあります。

むしろ元々は有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でサービスの違いなどはあるのでしょうか。

無料相談の場合、FPは相談者と面談するだけでお金はもらえず、生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料が発生しお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料の高い保険(FPにとって都合のいい保険)を勧めてくるFPが場合によってはいます。

逆に、有料の相談の場合、最低限の収入が発生し、より相談者目線で親身になってくれる可能性が高いです。

保険を考える時期といわれるライフイベントがあります。

一例としては、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、全く保険に対する知識がないとどうしたらいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスを利用してみましょう。

すでに保険に入っている人でも年収や支出などが契約当時と比べて変わっていると思います。

なので、無料相談で今のライフプランや希望に合っているか、いざという時にきちんと守ってくれるかを改めて確認しましょう。

その結果、内容がほとんど同じなのに保険料が約1/3になったという話もあります。

相談だけでも大丈夫なので気楽に利用してみてください。

相談者を募集するキャンペーンで相談者特典として商品プレゼントをする保険無料相談サービスをインターネット上で見かけます。

半分以上の方が、保険相談の申し込みをwebフォームから行えば商品プレゼントされると思っていますがそれは間違いです。

一般的には数回の面談後、疑問解消後のアンケート回答などを各サービス会社では商品受領の条件にしています。

更に言うと、申し込んだからといって必ずしも面談をしてもらえるわけではありません。

特に、中小の相談サービスに申し込んだ場合は、大手に比べてFP登録者数が少ないため面談の予定が決まらないことがあります。

参考:無料保険相談騙される?怖いし不安!【無知な素人が行っても大丈夫?】

よくある保険の見直しは実店舗を訪ねたり向こうに来てもらったりと面談は直接会ってするものが多いですが、中には電話での話合を請け負ってくれる会社もあるそうです。

どんなシステムかというと、フリーダイヤルやネットから電話をかけてもらう時間の予約をし、あとは担当者からの連絡を待つだけらしいのです。

お金は1円も必要ないそうです。

この方法だと必要ないと感じたときに話を切り上げやすいので、ほかの方法より試しやすいと感じるのではないでしょうか。

タダだからと保険の相談にのってもらったとして、本来ならばこちらの判断は自由なのですが、FPさんにとてもお世話になったり気後れするほど細かな資料をそろえられていたりすると、満足いく提案ではなかった場合にどう言えば良いか迷うかもしれません。

自分のお金、さらに人生に関わることなので、吟味を重ねてから決めた方が良いでしょう。

上手な断り方としては、決めたら連絡するので連絡はいらない旨をきちんと伝えましょう。

しつこい場合には専用サポートを利用するという方法もあります。

保険無料相談会社の選び方のひとつとして、クチコミが挙げられるでしょう。

一社一社どんなFPさんがいて、提案内容はどんな風だったのか、一度詳細に調べてみると良いでしょう。

偏りのない提案をできるのが良いFPさんと言われています。

こちらの要望を詳しくリサーチしてくれるので、生活レベルに合った提案をしてくれるのはもちろんですが、予想外の提案を受けて想像以上の満足感を得られる場合もあるそうな。

どこを選ぶかはFPさんによるところが大きいと思いますので、一度いくつかの会社に面談依頼をしてみて、ここだ!というところを決められると良いですね。

評判を気にする業界と聞いて、どんな業界を思いつきますか?一般的に思いつくのは芸能関係や個人営業の飲食店だと思います。

実は保険無料相談をしているFPもとても気にしているんです。

というのも、相談サ―ビス事業者に登録してるFPは相談者が紹介された保険に加入したら保険会社から報酬が発生するため、しつこい勧誘を行うとSNSや口コミサイトなどで拡散されてしまうからです。

その対策として、サービス側も評判の悪いFPの登録を解除したり、サービスによってはメール1通で担当者変更できるようにしたり対策をしています。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われているので、信頼できる担当者からしっかりと説明を受けてから決めましょう。

相談者を募集の販促で豪華な商品プレゼントを行なっている保険無料相談サービスをネット上で見かけます。

大半の方が、とりあえず保険相談の申し込みをしたら商品がもらえると思っていますがそれは違います。

数回の面談後、アンケートに答えるなどを商品贈呈の条件にしている企業が多いです。

別の注意点として、申し込んだからといって必ずしも面談が行えるわけではありません。

特に、中小の相談サービスに申し込んだ場合は、大手サービスに比べて登録しているFPが少ないため面談の予定がなかなか決まらないことがあります。

3、4年くらい前まで様々な業界で現金キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの販売店では額が大きすぎて本体を買うよりもキャッシュバックされるようなことすらありました。

同様に保険無料相談サービスでも商品券プレゼントをしていました。

最近、そういったキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

なぜかというと2017年4月に総務省や金融庁が策定した指針で高額なキャッシュバックや高額な商品券がもらえる販促方法を禁止としたからです。

そのため、相談サービスではお米や牛肉、タオルなどの景品プレゼントに変えているサービスもあります。

保険の無料相談を行っている会社はたくさんありますが、唯一自分とぴったり合った会社にお願いできるというのは、想像以上に困難だと思います。

最良の出会いを求めるならランキングも参考になります。

いろいろな視点で作られたものなので、自分にとって大切なことを最優先に選びやすくなります。

世間に広く知られているような会社でも場合によっては担当者と合わないことも考えられるので、上の方に位置している複数の会社で面談するなど、それぞれ比較検討をするにも役立つでしょう。

保険無料相談サービスに申し込んでみたけれどなかなか面談のセッティングができないという人がいるそうですその理由として中小の仲介業者の場合、FPの登録者数が大手と比べて圧倒的に少ないためです。

そもそもなぜ無料で相談をできるかというとFPの提案した保険に契約をしてくれるからです。

そのため、契約の見込みの低い案件は利益が出ないので後回しにされてしまうという仕組みになっています。

急いで相談をしたい場合は、FPの登録者数の多い大手業者に申し込むか、保険ショップへ直接行ってみてください。

プロによる保険無料相談を行っているいくつかの会社を、それぞれの観点から情報を集めているサイトが多々あります。

その中で特に見るべき点としては、FPさんとの面談が叶うまでのステップの容易さ、取り扱っている商品数の多さ、なんといっても重要なのはFPさんについての評判です。

長い人生でもトップクラスの支出となるものについてのことなので、満足のいく結果が出るまでじっくり検討を繰り返しながら、信頼のおける素敵なFPさんと今後のライフスタイルについて話し合っていきましょう。

ネットで少し調べるだけでも、たくさんの保険無料相談会社のクチコミがあります。

つまり多くの人が不安や疑問、また強い興味を持っていて、それについて専門家に話してみたいと思っているということなのでしょう。

そして同じくらい面談についても気になっているのだと思います。

中でもこちらを訪問してくれるタイプの評判が気になるところですが、気にするべきところはFPさんの提案力や理解力、そしてまたこちらの希望を聞く姿勢です。

面談したい会社を見つけたら、どんなFPさんだったのかを詳しく調べてみると良いでしょう。

今巷では、無料の保険相談が人気です。

専門的な知識を持った人に話を聞いてもらえるというのに、なぜお金がかからないのでしょうか。

一体どういった仕組みで運営されているのか、少し調べてみました。

簡単にまとめるとやはりFPさんたちにいくお金は保険会社から出ていて、それは契約成立時のみ手数料として発生するシステムとなっているようです。

ですからどれほど優秀なFPさんであっても契約まで至らなければくたびれ損ではあるのですが、営業の機会を多く得ることができるため、誰にとっても嬉しいメカニズムと言えそうです。

思い切って保険無料相談をA社のFPにしてみたら保険の乗り換えを提案された。

保険は家の次に高価な買い物と言われています。

A社のFPを信じてそのまま乗り換えるのも良いのですが、できればA社の提案内容を受けた後に別のB社のFPにも相談をして提案内容を比較するのをおすすめします。

その際の注意事項としてA社の内容をB社に見せると相談者本意ではなく、A社に対する対抗心で提案をしてくる可能性があります。

信頼できる担当者探しとしてはB社に見せた時に「A社の内容でOKです。

付け足すものもないです」と言うくらいの人や人だったらとても信頼できます。

ぜひ、B社のFPに頼みましょう。

B社のFPに見せない場合は、単純に新しく提案された内容の比較をしましょう。

将来の人生設計を考えて保険の加入を考えている方、保険の加入を考えているなら相談サービスを選びましょう。

選び方は近所にあるからというのもいいのですが中には、黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスもあるんです。

流れとしては、各相談サービスのHPにある予約フォームから相談日を決めて、家計&保険無料相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、イメージとして無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしていそうで評判が悪そうに思ってしまうのもわかります。

FP紹介サービスでは、評判をとにかく気にしているので評判の悪いFPは契約を打ち切るサービスもあるなど対策をしています。

通常、良い評判よりも悪い評判の方が頭に残ってしまうと聞きます。

保障内容の見直しや契約状況の確認をしてくれる世間的に保険無料相談サービスに対してどんな印象を持っていのでしょうか。

口コミサイトを見てみると利用者の多くが相談前は「相談したら結局保険を契約させられそう」というイメージを持っていてなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に体験した方によると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と言ってくれて安心できた、本当に相談だけでOKだったなど持っていた印象とは全く違うことがわかりました。

なので見直しを検討している人は安心して相談してみてはどうでしょうか。

よくある保険相談に来店タイプと訪問タイプがありますが、特に後者のタイプでは担当者を選びにくくなっているので、話し合い中のトラブルの話もちらほら見かけることがあります。

こちらの質問に満足な回答を得られないまま、流されてしまうこともあるかもしれません。

高圧的な物言いなどでこちらが断りにくいようにしていくようなFPさんだとしたら、満足なアフターケアも期待できないので一度離れた方が良いかもしれません。

そんな失敗を回避するにはしっかり下調べをして、家族や親せき、などに同席してもらいましょう。