県民共済と普通の生命保険の違いは?掛け捨てはある?

保険の見直しをするのにもお金がかからないのに、さらに商品券やギフト券までもらえたら嬉しいですよね。

ゲットするためにどうすれば良いかというと、会って話し合いをするだけであったり、面談後にあるアンケートに回答したりすればもらえます。

金額的に多いのは数千円ほどのところですが数社からもらうことができたらかなりのお小遣いになるでしょう。

ただもちろん何かをもらうことが目的ではないので、ついでにもらえたら嬉しい贈り物と捉えてせっかくの時間を無駄にしないようにしましょう。

例えば、人から何かを強く勧められると断れないという方がいます。

そういう方の中には、勇気を出して保険無料相談をしたときに新しい保険を勧められ、きっぱりと断れなくそのまま契約してしまう。

その結果、自分に合わない保障内容になっているなどトラブルに繋がることがあります。

なので、ここでは断り方、信頼できる担当者探しのポイントについて書こうと思います。

基本的には担当者に「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のどちらかを言うことが必要です。

保険は家の次に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立って提案するFPならあまり強く引き止めません。

もし強引に引き止めてくるようなら信頼できないと考えて良いので担当者を変えてもらいましょう。

保険の勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制がかけられています。

金融庁は保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

これは相談者特典として保険料の割引や換金性の高いギフト券、クオカードなどの換金性の高いものをプレゼントしてはいけないのです。

では、お米や牛肉など換金性の低いものをプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の指針では景品プレゼントについての具体例は記載されておらず、新年の挨拶などでもらうカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には該当しないとしています。

そのため、商品プレゼントは「完全にクロ」とも「完全にシロ」とも言い切れない状態にあると言えそうです。

様々なメディアでよく見る保険無料相談のCMですが、実際の利用方法が不明な部分もあります。

なので、ここでは無料相談の利用時の流れについて書きます。

一般的な流れとして多いのが、webサイト経由で相談日の予約をし、落ち着いて話せる自宅やカフェなどの希望の場所若しくは店舗で相談という流れになります。

FPに会ってからははじめに、保険に対しての疑問や契約中の保険の保障内容の確認をしますその後、聞き取りをした人生設計などから保険選びの情報提供をして提案します。

再度、ライフプランに対してどういった保障内容のどういったところが合っているかを一緒に確認します。

一般的に良い評価よりも悪い評価の方が頭に残ってしまうことが多いですよね。

保障内容の見直しや契約状況の確認をしてくれる保険無料相談サービスでも評価を比べているサイトはあるのでしょうか。

口コミを見てみると相談前の人の多くが「相談したらあれこれ理由をつけられて保険に加入させられそう」というイメージがあってなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に相談してみた人によると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と言ってくれて安心できた、本当に相談だけでOKだったなど嫌なイメージはなくなっていることがわかりました。

なので見直しをしようと考えている人は安心して相談してみてください。

保険無料相談会社の選び方のひとつとして、クチコミが挙げられるでしょう。

それぞれどんなFPさんにどんなプランを提案してもらえたのか、注目して見ていくと良いと思います。

良いFPさんは、特定の商品を勧めません。

こちらにどんな希望があるかも汲んでくれるので、ライフスタイルに沿ったプランであることはもちろん、予想外の提案を受けて想像以上の満足感を得られる場合もあるそうな。

どこでお願いするかの最優先はFPさんの質なので、複数の会社での面談を経験することで、比較検討を重ねた上で決断することをおすすめします。

世の中に数多くある保険無料相談会社にあって、店舗数も多く、テレビでCMを流したりもしていて世間に広く認知されているであろう「ほけんの窓口」。

知名度が高く体験者も多い来店型の会社なので、体験談等がネット上にさまざまあるというのも良い点でしょう。

初めてのFPさんとの面談では知識を深めるところから行い、不安な点や疑問にも的確に答えをくれるそうなので満足度が高いという評判が多いようです。

また多くの商品を取り扱っているとのことで、さまざまなプランを比較できると思います。

無料で保険の見直しを請け負ってくれる会社はたくさんあります。

申し込みはネットなどから簡単にできますので、あとは流れに沿っていけばFPさんとの面談が叶います。

とは言え待っているだけでなく、自分でも準備をしておくことが大切です。

今はどんな保障があるかピックアップしたり、自身の生活スタイルに合っている保障とはどんなものか、または必要ないものはないか、支払い可能な月額はどれくらいなのか、今の時点で予想される将来的な生活の変化など、事前に準備をしてスムーズに話し合いができるようにしましょう。

2017年4月の金融庁が出した指針により保険無料相談後に高額な商品券などを相談者へプレゼントするキャンペーンが禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の策定した指針から各サービスでは、商品券から牛肉などの景品へ変更しています。

また、3000円程度の商品券やギフト券をプレゼントしているキャンペーンで宣伝しているサービスがありますが、これは明確なルール違反になるのでいずれなくなっていくでしょう。

もし、保険相談サービスの利用を検討しているのならば、キャンペーンだけでなくサービスを提供している会社の評判などを調べてから選びましょう。

今すぐに相談をしたいなら街中にある保険ショップという選択肢もあります。

テレビのCMを見て保険無料相談を頼んだけれど、あまりこちらの要望を聞いてくれないいという話を聞きます。

では、有料の保険相談を活用してみるのはどうでしょう。

有料相談サービスは大体5000から20000円くらいが値段相場となっているようです。

有料のメリットとしては、料金をもらっているので保険相談がメインとなり無理に契約を狙うものではない。

実績のあるFP、優秀なFPなど平均レベルが高いことが多い点です。

そのため、無料相談よりもお客様目線でアドバイスをしてくれることが多いです。

また、ほとんどの有料相談サービス業者では、FPに対して独自の認定基準を設定しています。

「相談に満足しなかった場合は、相談料を返す」という点もその基準への自信の表れでしょうか。

時間をかけて優良な担当者に当たるまで担当者を変えて無料で済ますという方法もあります。

Tポイントやポイントサイトで現金などと交換できるポイントが保険無料相談をするとプレゼントされろというキャンペーンを見かけます。

高額ポイントがもらえるサービスってあまり名前を知られていないものばかりで本当にポイントがもらえるのか心配ですよね。

ポイント付与までの流れとしては、数回の面談を実施し、アンケートに回答するとポイント付与という流れが多いです。

そのため、最初の面談等で契約の見込みがないと見られたらその後の面談がなかなかできないなどポイント付与の条件に満たない状態のままになる可能性があります。

そのため、ポイント目当てで申し込むのはやめましょう。

相談者を募集するキャンペーンで相談者特典として商品プレゼントをする保険無料相談サービスをネット上で見かけます。

大半の方が、とりあえず保険相談の申し込みを行えば商品がもらえると思っていますがそれは間違いです。

基本的には数回の面談後、アンケート回答などを商品プレゼントの条件に各サービスがしています。

そもそも、申し込んだからといって必ずしも面談をしてもらえるわけではありません。

特に、中小規模の相談サービスでは、大手サービスに比べて登録しているFPが少ないため面談の予定がなかなか決まらないことがあります。

いわゆる保険の見直しといえばこちらから行くにしろ向こうに来てもらうにしろ面談は直接会ってするものが多いですが、実は電話での話し合いが可能な会社もあるのだそうです。

どういった流れになるかというと、最初にネットなどから電話をしてもらう時間の予約をする必要がありますが、あとは担当FPさんからかかってくるのを待つだけ。

通話料すらかからないそうです。

これならプランに納得がいかなければ切れば良いだけなので、ほかの方法より試しやすいと感じるのではないでしょうか。

保険無料相談サービスの利用で商品券をプレゼント!というキャンペーンを最近は見なくなりました。

調べてみると、2017年4月に金融庁の出した指針によって相談サービスの利用特典として高額な商品券がもらえるという販促活動をするのは禁止になったからです。

金融庁の指導の具体的な文言としては換金性の高い商品の提供の禁止です。

逆に言うと「換金性が高くなければ大丈夫」とも読み取れるので一部のサービス業者では商品券から「換金性の低い特定の商品をプレゼントする」と言う形で募集をしている状況に変わっています。

そのため、商品券をプレゼントするキャンペーンはなくなってしまいました。

たくさんの人に利用されている保険無料相談。

専門的な話をプロとともにすることができるというのに、お金を一円も払わなくて良いのはなぜなのでしょうか。

気になったのでどういう仕組みになっているのか調べてみました。

ざっくりまとめると会社やFPさんにお金を支払う大本は保険会社で、契約ができたときにはじめて支払われるシステムなんだとか。

つまり我々と直接関わり合いになるFPさんにとってはやはり面談するだけではお金をもらえないわけなのですが、営業の機会を多く得ることができるため、WINWINの関係とも言えるようです。

参考:県民共済と普通の生命保険の違いとは?【どっちがいいの?】

よくある保険相談に来店タイプと訪問タイプがありますが、訪問タイプにおいてはFPさんの選択が不可能なので、実力に納得がいかなかったり相性が悪かったりする場合もあるようです。

こちらの質問に満足な回答を得られないまま、流されてしまうこともあるかもしれません。

根拠のない脅しのようなことを言い断りにくくするような手法をとる人がいるところでは、その後の対応も心配ですのであまりおすすめすることはできません。

そんな失敗を回避するにはしっかり下調べをして、信頼できる人に同席してもらうと良いでしょう。

保険の営業の人に案内されるがままに保険に加入してしまって実は、内容を十分に理解できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスを使ってみてはいかがでしょうか。

保険の知識がなくてもFPが今はどんな保険に入っているか、もし現在のライフプランに合う保険ではなかった場合、希望に合った保険の紹介など相談に乗ってくれます。

また、使う可能性の低いオプションを外したり必要な保障が手厚い別の保険に切り替えることでより充実した保障になります。

また、保険無料相談サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉などの景品がもらえるキャンペーンを行っていたりします。

保険無料相談の利用で商品券をプレゼント!というキャンペーンを全く見なくなりました。

調べてみたところ、2017年4月に金融庁が発表した指導によって相談サービスの利用特典として高額な商品券がもらえるというプロモーションは禁止になったからです。

指針の具体的な内容としては換金性の高い商品の提供を禁止したことです。

逆に言うと「換金性が高くないものなら大丈夫」とも解釈できるので一部のサービス業者では商品券から「換金性の低い特定の商品をプレゼントする」と言う形で募集をしている状況に変わっています。

そのため、商品券がもらえるキャンペーンはなくなってしまいました。

今の保険を選んだ際にどういったものを参考にしましたか?ランキングサイトなどのwebサイトを参考材料にした人、職場に来た保険の営業員の人の勧めなどいろいろな方法で選んだと思います。

そうやって決めた結果、月々の料金が厳しい、実はどんな保障が付いているのか覚えていないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを活用しましょう。

加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

気軽な気持ちで相談してみたら、保障内容はほぼ同じなのに月額が低くなった、今の生活状況により合った内容に紹介してもらえたという話も多いです。

例えば、ショッピングをしていて商品を勧められると断りづらい、断ったら悪いなと感じてしまう人がいます。

そういう方の中には、保険無料相談をした際に自分に合わない保険を勧められても断りにくいと思ってしまいそのまま契約してしまう。

その結果、自分の生活環境に合わない契約内容になっているなど色々なトラブルの報告がされています。

なので、ここでは断り方、信頼できる担当者探しのポイントについて書こうと思います。

基本的には担当者に「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のどちらかを言うことが必要です。

保険は家の次に高い買い物と言われており、本当に担当者がお客様目線に立ってくれているなら無理には引き止めないはずです。

もし強引に引き止めてくるようなFPは信頼できないのでサービス元に連絡をしましょう。

Tポイントやポイントサイトで景品と交換できるポイントが保険無料相談で付与されるキャンペーンを見かけます。

高額ポイントがもらえるサービスってあまり名前を知られていないものばかりで実際にポイントが付与されるかわからないですよね。

このキャンペーンの多くの場合では数回の面談を実施し、アンケートに答えると付与されるという形式が多いです。

そのため、最初の面談等で契約をしないと判断されたらその後の面談をなかなかしてくれないなどポイント付与の条件に満たないようにすることがあります。

そのため、ポイント目的の申し込みはやめましょう。

保険料を節約しようと思っても、相談に行く時間がないからどうしようとお悩みの方の悩みが解決できるかもしれないです。

保険無料相談サービスの中には、相談内容のやりとりをメールで全て行えるサービスもあります。

なので、24時間365日受付ており、返信内容の確認も夜遅くに自宅に帰った後など好きな時間に確認ができます。

もし、書いてある内容がわからない、こちらが伝えたいことが十分に伝わっていないと感じたときには、電話で直接担当者と相談することもできます。

もし相談途中で必要がなくなったとしてもメールで断れるので楽な気持ちで相談できると思います。

保険無料相談サービスに申し込んでみたけれどなかなか連絡が来なくて面談ができないという人がいるそうですその理由として中小の仲介業者の場合、FPの登録者数が大手と比べて圧倒的に少ないためです。

そもそも無料で相談をして営業できているのは相談者がFPの提案した保険に加入をしてくれるからです。

そのため、契約まで行かなそうだな、確認だけで終わりそうだなという案件は利益が出ないので後回しにされてしまうという仕組みになっています。

すぐに相談をしてもらいたい方は、FPの登録者数の多い大手の仲介業者に申し込むか予約なしでも相談可能な保険ショップの利用をお考えください。

タダで保険の相談にのってもらった際、本来ならばこちらの判断は自由なのですが、いくつもの面倒な質問に快く答えてくれたり自分のために資料をそろえてもらっていたりすると、決め手に欠いた場合に言い出し辛いことがあるかもしれません。

大切なお金のことなので、まず即決するというのはあり得ないことと思います。

断り方の一例として挙げるなら、ゆっくり検討したいので連絡は欲しくないと明確に伝えることです。

なかなか解決しない場合は会社にあるサポートを利用しましょう。

無料で保険の相談を請け負ってくれる会社は、少なくとも10社以上は知られている名前があるでしょう。

依頼するならそれらの中でも良いFPさんがいるところをおすすめします。

実際数社に依頼して面談した人の話を調べますと、どんなFPさんと話をするかによって、同じ内容のはずでも結果として返ってくるプランが異なることが多いのだとか。

面談だけでなく、契約、アフターケアと関係が続くFPさん。

こちらの理想や希望を理解してくれるだけでなく、想像以上のプランをたててくれるような人にお願いしたいところですよね。

今、巷で話題の保険無料相談。

専門的な知識を持った人に話を聞いてもらえるというのに、お金がかからないというのは不思議な話です。

一体どういった仕組みで運営されているのか、少し調べてみました。

ざっくりまとめると会社やFPさんにお金を支払う大本は保険会社で、それは契約成立時のみ手数料として発生するシステムとなっているようです。

よって利用者と直に接することになるFPさんはやはり面談するだけではお金をもらえないわけなのですが、見込み客との接点が得られるので、WINWINの関係とも言えるようです。

プロに保険相談をしたいとき、どんな方法をあなたは選びますか。

FPさんが来てくれるタイプを選ぶ人もいれば、雑誌やテレビなどでもよく見かける会社のお店に足を運んだことがあるという人もいらっしゃるでしょう。

日本中にお店があるような有名どころですとショッピングモール内など、ついでに立ち寄れるような場所に店舗を構えていることが多く、気楽な感じで入れそうです。

家まで呼んだり、カフェなどプライバシーが心配な場所で大事な話したりをすることに不安がある場合は、一度来店型で面談を考えてみても良いかもしれません。

名が知れた会社だけでも、保険の無料相談をしているところは多々あります。

唯一自分とぴったり合った会社にお願いできるというのは、想像よりずっと簡単ではないと思います。

どこを選ぶか迷ったらランキングを参考にしてみては?重要なポイントに絞って作られていることも多いので、自分にとって大切なことを最優先に選びやすくなります。

一般的に良く知られた会社であっても場合によっては担当者と合わないことも考えられるので、上の方に位置している複数の会社で面談するなど、有効利用することが満足への近道です。

月の収支がギリギリ、でも貯金はしたい!と思ったときに毎月の支出をどうやって節約しましょうか。

お子さんがいる場合は食費はなるべく減らしたくないですよね。

そうするとすぐに思いつくのは、携帯電話料金です。

いわゆる格安SIMに乗り換えるという方法です。

もっと節約を考えるなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを利用した人のブログを見ると現在契約している保険の内容を様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の方は担当者さんの対応が親切丁寧で信頼できたそうなので皆さんも信頼できる担当者が見つかるまで相談するのがよさそうです。

世間に多々ある保険無料相談会社ですが、それらをさまざまな観点から比較してくれているサイトが多くあります。

良く比べられているポイントは、実際に面談を受けられるまでの手続きの手軽さ、どれだけの商品について提案できるか、なんといっても重要なのはFPさんについての評判です。

場合によっては数百万でもきかない金額になるものですから、一社だけでなくいくつかの会社と面談をするなどして、長く付き合っていけるような人と一緒に今後のことを考えていけると良いですね。